うみねこ釣り倶楽部。

『 石垣 釣具店 』 三陸宮古市の釣具店からお届け釣情報。
背丈を超えた

河川敷から川までのわずか30mばかりが行列です。

車を止めて直ぐに2.5mぐらいのオオイタドリの林です。

 

それをやっとの事で押し開き、身体を通したと思ったら

次に待っていたのは、少ない日照時間何するものぞと

身長ほどまでに伸びた、大ヨモギの密集です。

もう、この時点んで汗だくです。

 

自分に掛け声をかけて抜けると、今度待っていたのは

先の見えないヨシの群生で「あれ、何処へ行ったら良いんだ?」と

考えるようです。

 

私は野草を切り開いて歩く道は着けないので、最近は川虫を

採りに行くたびに、汗だくになります。

しかも少ししか採れなくなったので、川虫販売は今週で終了となります。

 

ミニ情報 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
小本川解禁

休みを取って釣りに来ていた、当店のインストラクターは

解禁の小本川に行って来ました。

大きさは18〜23cmと幅広の良い鮎です。

 

今に時期としては大きさも申し分なく、良い釣りごただったそうです。

数は35匹と少し足りない気もしますが、釣り人が多く身動きが

とれなかったそうです。

 

本人は仕掛と竿を、小さめの魚に合わせて持って行ったので

トラブルばかりで、失敗だったと言っていました。

 

我が家にも、おすそ分けが有り、好きなだけ食べれそうです。

 

     

ミニ情報 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
何かいる!!

急ぎの仕事が入って、明け方までパソコンに向かっていた娘に

いきなり起こされました。

 

「何かいる」と言うのです。

ビックリして「大きいのか、小さいのか?」と聞くと

「蝙蝠みたいな気持ちの悪いやつ」と言うのです。

行って見るとカーテンの後ろで、何か動いています。

覗いて見ると体調5cmも無い小さな蝙蝠です。

おそらく油蝙蝠であろうと思います。家蝙蝠とも言うと思います。

 

何処から来たと見ると、網戸が1cmぐらいズレていた所から

入り込んで来たようです。

手袋をしてプラケースに入れ、部屋から出して飛ばしてやりました。

 

私は虫とか生き物は大好きなのですが、彼女は小さな虫でも

出ようものなら、それは大変な騒ぎようです。

昔は渓流釣りに使用するイタドリ虫の卸やもやっていました。

カブト虫、クワガタ虫など卸販売していましたので、よく目にして

遊んだりもしていたと思うのですが、何時頃からか大嫌いになっています。

       

ミニ情報 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
水量は平水

閉伊川の水量は、ほぼ平水になったのですが

鮎の釣れ具合は今一の様です。

 

おそらくは水温のせいだと思います。

宮古は昼でも20℃そこそこで、夜は15℃と寒いぐらいです。

やはり気温が25℃を超えてこないと、思うような釣果には

ならないと思います。

 

涼しいのはオホーツク高気圧がもたらす、寒気が入って来ている

かららしいです。

あと一週間ぐらいで、その低温も終わって太平洋高気圧の

出番になるようです。

 

早く暖かくならないと、野菜やお米にも鮎にも悪い影響が

出てしまいます。

 

ミニ情報 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
子糠雨

身体にまとわりつく小糠雨が時々小雨になって、今日の宮古は

肌寒いです。

昨日もそうだったのですが、内陸盛岡とは7〜8℃は違うようです。

 

閉伊川の鮎は少し育って20cmサイズも釣れている様です。

本流の腹帯周辺に入った方は、17〜20cmを18匹釣って来て

いました。

釣り人が多くて場所を移動するのも大変だったと言っていました。

 

支流の小国川も大きさは16〜18cmぐらいとの事です。

 

毎日違った気候の変化で、体調が優れません。

担当医のドクターストップが分かりました。

ミニ情報 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
あぁ.しんど

九州の凄まじい雨の降りようには、ビックリしています。

余りの水量の多さに、鮎が流れてしまうどころでは無く

命に係わる様な事で、早く水が引けるよう祈っています。

 

閉伊川も少しづつ降っているので、濁っています。

稚鮎を放流してからは、なかなか暑くならず数はいますが

育ちは悪いようです。

 

鮎の仕掛けを頼まれて、細かい作業をしています。

目は疲れるし、おまけに動悸もするし指先は思うように動かず

失敗ばかりです。

なんだか毎年同じような事を言っているみたいです。

 

一組だけ作って今日は終わりです。

あぁしんど、歳は取りたくないと言うのが、しみじみと分かりました。

ミニ情報 | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
初鮎

「今年の鮎は余り大きくないけど、食べて」と

17〜18cmを4匹下さいました。全部で20匹ぐらいとの事でした。

 

夕方、釣れる所が有るので、そこへ移動しようとしたら

竿が固着してしまい、釣るのを止めて帰って来たそうです。

 

「何とかしてくれ」と竿を持ってきましたが、簡単なトラブルでしたので

直ぐに直りました。

「これで、明日も行ける」と喜んでいました。

 

体調が戻った気がするので

今日は私もピンチョロ採りに川に入っていました。

 

水量は20cmぐらい多いです。

茂市より上流は余り濁っていませんが、花輪橋辺りは工事の

濁りが入っているようです。

川虫を店で販売する分だけでも、採取するのが大変でした。

ミニ情報 | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
閉伊川 鮎解禁

水量が多めながら無事に鮎釣りが出来て良かったです。

 

大雨が続いている地区の方々には、お見舞い申し上げます。

 

閉伊川も本流は水量が多く、腹帯の一部しか釣りにならず

ほとんどの方が、支流の小国川での初釣りとなったようです。

 

大きさは大きめに見て18cmで、数は午前中で20〜25匹と言う

方が多かったようです。

 

ここ一週間は寒く、とても鮎釣りの気分では有りませんでした。

今日は午後から少し気温が上昇しました。

 

明日からは気温が高くなるようです。

今週末に初釣りと言う方も多いと思いますので

好条件での釣りになればと、思っています。

ミニ情報 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
明日、鮎釣り解禁

明日、閉伊川の鮎釣り解禁です。

 

先日の雨で増水して濁っています。

大雨では無く小雨が降ったり止んだりの、梅雨の雨です。

 

閉伊川は今日まで大増水する事も無く、いい具合に解禁と

なりそうです。

 

小国川は増水してちょっと釣りずらいかな、と言うところです。

腹帯周辺のカラ川の鮎が育っていれば良いのですが、どうなるかです。

 

今年も昨年同様に天然遡上が有ったと、組合では言っていましたが

私は見ていないので、何とも言えません。

 

持病の調子が悪くドクターストップがかかりましたので

川虫は愚か川に様子を見にいく事も出来ず、店で大人しく

しています。

情けなくも仕方ありません。

 

ミニ情報 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
ドクターストップ

今日は病院で毎月の定期検査を受けて来ました。

 

結果は軒並み数値が上昇していて、暫くの安静を言い渡されました。

薬も少し多くなり、様子を見ると言う事です。

 

ピンチョロ川虫も今日でオークションの出品を取りやめました。

店売りぐらいは、もう少し続けようと思っています。

 

水槽掃除も頑張ってやりましたし、この一週間は自分でも

動きすぎかと思うほどで、2ケ月分の疲れが出たようです。

自分でも疲れているのが良く分かる程でしたので、無理も有りません。

 

雨も続くようなので、しばし休息です。

ミニ情報 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | author : ishigaki-turi
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ online SHOP
shop
ヒイカ仕掛け新登場!
+ WEATHER
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
+ counter
このページの先頭へ